住まい選び方には色々なものがありますが「マイホーム」という言葉がピッタリで個人の所有意識が高い魅力があるものと言えば、一戸建てです。土地も建物もその世帯人のものとなるため独占欲が満たされることとなり、一国一城の主、という感覚をリアルに味わうことができるのが一戸建ての大きな魅力と言えます。また、住まいに欠かせないものが駐車スペースですが、一戸建ては住まいからそこまでの距離が近くすぐに出掛けることができますし、帰ってきたらすぐに家の中に入ることができます。また、ガレージやカーポートがあることで車をさまざまなダメージから守ってくれると言う利点があります。

マンションの場合ですと屋根も壁もない平置きですとダメージも気になりますし、イタズラなども気になるところです。また、物件によっては省スペースに何台もの車を収容するため、昇降機による操作で車を出し入れしなくてはならず、普段大変なのはもちろんのこと、天気の悪い日には苦労することになります。その他、一戸建ての良いところは集合住宅と違って面倒な接触がないところです。マンションでは廊下やエレベーターなど、敷地内の色々なところで住人はもちろん、配達業者の人たちと顔を合わせることになりますし、防犯カメラも設置されていたりしますから、少なからず緊張感があります。

一戸建てであれば自分の敷地内に入ればかなり明確なプライベート空間が存在していますので帰ってきてすぐにリラックスすることができます。日光の住宅展示場のことならこちら