バナー

お歳暮を手渡しする際のマナー

お歳暮をお世話になった人に贈るという場合、最近の主流は配送をして相手の自宅に贈るという方法です。通販などで注文をする人が多いということや早めに注文をすることで割引を受けることが出来るということ、品物を保管する場所を必要としないという事、持参をする手間を時間を省くことが出来るということがその理由と言えるでしょう。

しかし、手渡しをすることで感謝の気持ちを伝えることが出来る場合もあります。



手渡しをするという場合には、あらかじめマナーを知っておくようにしましょう。
手渡しをする場合につける熨斗は配送で贈る場合と同様に紅白の蝶結びの物をつけます。

手渡しをする場合は、包装紙の上から熨斗をつけるようにします。



次に、持参する場合には、紙袋に入れても良いですが、風呂敷のほうが正式なマナーと言えるでしょう。

手渡しをする時には、風呂敷から出し、相手が表書きを読むことが出来るようにして両手で渡すようにしましょう。
お歳暮を渡す時には、部屋に通された後、挨拶をしてからが適していますが、冷蔵・冷凍保存をする必要がある物の場合には、その旨を伝え、玄関で渡しても構いません。

お歳暮を手渡しする際には、相手先を訪問する時間帯も考慮しましょう。
早朝や深夜、食事時は避けて訪問をするようにします。ただし、相手の都合もありますので、あらかじめ訪問する旨を伝えておいたほうがスムーズに渡すことが出来るでしょう。

約束をした時間には遅れないようにしましょう。