バナー

お歳暮の習慣やマナーについて

お歳暮は、1年の終わりにそれまでの感謝の気持ちを表すために渡します。


本来は、持参してもっていく物ですが、現在では宅配便でギフトを届けるのが一般的になっています。

お歳暮は、感謝を示すための物ですから、できればもらって喜ばれる物を選んでおきたいところです。ネットで、どういったお歳暮が喜ばれているのかを調べることができます。

いろんなアンケート結果を見ることができますが、検索をすると、もらってうれしい物と贈るのに選んだ物を調べることが可能です。



わからない場合は、これを参考にしたり、どういった贈り物が喜ばれるのかを解説しているサイトをチェックすると良いでしょう。


時期は、12月中に届けるのが一般的です。

地域などによって慣習が異なる場合がありますが、12月中であれば特に変でもありません。



万が一1月になってしまうというのであれば、寒中見舞いとして贈ることになります。


業者のギフトを選んで購入して配送してもらう場合は、のし紙の記載などはすべて自分でやらなくても良いため、おすすめです。

大体、お歳暮シーズンが近づいてくると、百貨店などでは専用のコーナーが設けられて、そこでギフトを選ぶことが可能です。

喪中でも、お歳暮の趣旨はその年の感謝を示すために渡す物なので、とくに贈ってはいけないというマナーはありません。



ただし、気になるようでしたら、先方にお伺いをたててみるなど、配慮をして送るかどうかを決めた方が良いでしょう。