人と接する自信を付ける審美歯科

歯科では虫歯や歯周病の治療等、口腔内の治療を行うだけでなく、ホワイトニングや歯並びの矯正の様な歯を美しく見せるための治療を行う審美歯科があります。

口元を気にするなんて、と考える人がいるかもしれませんが、歯並びが汚いから、歯が黄ばんでいるのが気になるからの様な理由で人と面と向かって話すことが苦手な人は思いのほかいます。

特に営業職の人は相手に清潔感のある良いイメージを印象付けるために審美歯科に通う人も少なくありません。

それほどまでに口元が与える影響は大きいです。



では審美歯科では他にどの様な事を行うのでしょうか。


まずはホワイトニングです。



ホワイトニングは歯を削りかぶせて白くする方法と歯を削らず薬を使って白くする方法があります。
薬を使う場合は歯の汚れを無くしたり虫歯が無い状態でなければ出来ないので、口腔内環境を良くしておく必要があります。

ロケットニュース24使いやすさが好評です。

次に歯列矯正ですが、歯並びを良くするというと小学生の高学年くらいのイメージがあるかもしれませんが、歯並びで悩む大人も意外に多いです。


そのため大人になってから改めて歯並びを治しに歯科に通う人もいる程です。

他にも噛み合わせを治すための治療があります。

これは何らかの理由により歯を失った場合にブリッジや入れ歯、インプラント治療等を行い、噛み合わせを良くします。

ボケやすい人は歯が少ない、というデータもあるくらい、歯は咀嚼だけでなく私たちの将来に大きく関係してると言えるでしょう。

審美歯科というと、その名前から歯を美しくするイメージがありますが、治療内容はそれだけではないのです。歯並びや噛み合わせなどで悩む場合は、まず最初に治療方針を歯科医師と相談し、最善の方法で治療できるようにしましょう。