歯医者が使うマイクロスコープについて

マイクロスコープは、パソコンあるいはテレビの画面上に患部を拡大して表示させることができる装置です。

歯医者が使う場合においては、歯の部分を拡大することによって歯の健康状態を確認したり虫歯や歯周病などといった病変部をより細かく確認することができます。

東京のマイクロスコープの情報はここで調べよう。

人間の裸眼によって確認することができる病変については0.2mmほどが限度と言われていますが、マイクロスコープを使用すると肉眼の3~20倍に拡大した視野で表示されるためとても分かりやすく見えます。

T-SITEはとっても評判が良くて有名です。

そのため、歯医者にとってマイクロスコープはとても重要な装置といえます。


マイクロスコープは特に歯の中の根管と呼ばれる部分の治療を行う場合には必要不可欠となっています。



歯の中にある根管は従来は歯医者が手探りで行う以外方法がなく、歯の治療を難しくさせてしまう一つの要素でもありました。

しかし、この装置を使用することで直接根管内を見ながら治療が行えるようになり技術が非常に向上するようになりました。
保険内治療においてもこの装置を使えるところはあります。

ただ、この方法については一つネックがありマイクロスコープを実際の歯科医院に導入している数についてはまだまだ少ないということが現状です。現状ではまだまだ高価な装置ということが理由となっています。それでも、この装置があることで飛躍的に歯の治療技術を向上させることができるということから今後歯科医院での導入事例もさらに増えることが見込まれます。