バナー

お歳暮に対するお返しについて

お歳暮を誰かから受け取る側になった場合に、相手にお返しをするべきなのかどうかは、なかなか迷うところです。

お歳暮は、あくまでも贈った側が日頃の感謝の気持ちを品物としてあらわしたものであって、しかも一般には目上の人に対してとなることが多いといえます。もらった側のほうが格上ということになりますので、結論的にいえば、わざわざお返しをする必要はないはずです。

ただし、お返しとはいっても、それは品物を相手に対して返礼するという意味で、やはりお歳暮をもらったことに対しての感謝のことばは述べておいたほうがよいのは当然といえます。

この場合ですが、ごく頻繁に顔を合わせていて親しい間柄であれば、受け取ってすぐに、電話などで品物が到着したことの報告とあわせて、謝意をひとこと述べておく対応でもよいでしょう。一般には封書やはがきなどで、感謝していることを文面をもって伝えるのが望ましいといえます。



また、品物でお返しをしなければ気が済まないという人も、もちろんいるはずです。

最近では会社や役所などの職場のなかでも、虚礼廃止が徹底していることもあって、内輪でのお歳暮のやりとりはめずらしくなっています。

そのような中でわざわざ相手がお歳暮を届けてきた場合には、なおさら品物で返したいと考えることでしょう。



この場合は、相手の品物と同じくらいか、それよりも金額的に少ない程度でのお返しとして、寒中見舞いなどの別の名目にしておくのがよいでしょう。