バナー

相手の喜びそうなお歳暮を選ぶのがコツ

お歳暮は、新年の準備をする時期に贈ります。
最近では、12月上旬から20日ごろにかけて贈るのが一般的です。

年末ぎりぎりでは失礼に当たることもありますので、ぎりぎりは避けて、やや余裕をもって送るのがマナーです。

また、早めに送ることも多くなっていて、11月下旬ころに贈っても良いでしょう。お歳暮の相場は、3000円から5000円です。

間柄や世話になった度合いに応じて予算を変えると良いでしょう。



特に世話になったという場合であれば、これよりも上げても良いので、それぞれの事情で具体的に考えるのがポイントです。


もともとは、正月用品を贈るのが一般的でしたが、現在ではお菓子や酒類、ハム、蟹、商品券など、幅広い物が選ばれています。



お歳暮を選ぶ際には、相手の気持ちを考えて選ぶと良いです。
例えば、普段宴会の席でお酒をよく飲むサラリーマンの方にお酒を贈ることや、料理をしない人に生鮮食品を贈るというのは、処理に困らせてしまう恐れがあります。


そのため、それぞれの人の生活環境などを考えて、どれにするかを決めていきましょう。



インターネット上には、お歳暮の選び方を指南しているサイトがあります。
これを活用すれば、悩んでいる方でも無難な物を選ぶことが可能です。例えば、世代別にどういった物が喜ばれるのかといったことや、贈る相手との関係性に応じてどういった物を選ぶと良いのか、ということを開設しているサイトがありますので、参考にすると良いでしょう。