バナー

年末のお歳暮について

お歳暮は11月下旬から12月のなかばにかけて、お世話になった人々への感謝を込めておくる贈り物です。


7月頃に同じ意味でおくるお中元がありますが、年末のお歳暮の方が重視される傾向にあります。
そのため、お中元とどちらかしか送らない場合はお歳暮にしたり、お中元よりも少し豪華なものを選んだりするのが主流です。
お歳暮で人気のある品物には、お中元と同様にビールなどの飲料やフルーツ、ゼリーなど日持ちのするお菓子があげられます。

また、冬ということや、お正月で親戚など大人数で集まることが多いため、鍋セットや蟹などの魚介類も喜ばれます。


食べ物であれば、ハムやソーセージ、缶詰など日持ちのする加工品もおすすめです。

最近は遠方の人にご当地の名産品やスイーツを贈るセットも各地域で販売されています。



普段自分では買わないもの、買えないものを敢えて贈ることで印象にも残ります。
何を送れば良いのか迷ってしまう時は、商品券という方法もあります。


本人が好きなものを選べるので誰にでも喜んでもらえます。



お歳暮を贈る際にはいくつか注意することがあります。


お酒を飲めない人にビールを送ってしまったというようなことにならないよう、相手の好みは事前に調べておく必要があります。



また、品物が相手の家に届いた時に旅行に行っており受け取れなかったため再配達を頼むということも避けた方が良いです。

賞味期限の短いものならなおさらですので、届く時期に家にいるかも確認しておくと良いです。