住まい選びで一戸建てにするかマンションにするか悩む方はいると思いますが、それぞれのメリットを確認しておくことが大切です。例えば、一戸建てに住むことで得られるメリットと言えば、何と言ってもデザイン性です。マンションも、最近はとてもオシャレな外観のものが立てられていますが、一戸建ての場合、注文して一から外観を決めていけるため、唯一無二の家を建てられるという自由度の高さがあります。また、唯一無二ということから考えると「自分だけの」という意味合いのものを強く持っているのが魅力です。

同じ外観の建物はなく、また、集合住宅ではありませんから、そこに住んでいるのは自分の世帯だけとなり、独占欲を満たしてくれます。マンションの場合ですと、自分の家に帰るまでに、エントランスや廊下を歩いて行く中で他の住戸の人と顔を合わせる機会と言うのが頻繁に発生します。人との関わり合いが苦手な人にとっては面倒な状況であると言えます。その点、一戸建てであれば一歩自分の家の敷地内に足を踏み入れたら、後は誰とも顔を合わせることなく家に入るだけですので気楽さがあります。

また、基本的にエレベーターがないという点も注目ポイントです。エレベーターは一見、不便なことなどないように感じるかもしれませんが、機械ですから定期点検で乗ることができないこともありますし、大きな地震があった時には停止してしまい、ひどい時は何日も乗れなくなることがあります。高層階に住んでいてこういったことが起きるととても大変です。一戸建ては、自由度が高くオリジナリティにあふれ、プライベートな空間を気楽に楽しめる便利な住居であると言えます。