一戸建てを建てるためには、数千万円というお金が必要になります。一括で支払うのはほぼ不可能ですので、住宅ローンという便利なものがあるのです。しかし購入金額のすべてローンを組むというのは、とても大きな金額になってしまいますので、月々の返済が大変でもあり借入額に対する利子も相当なものになります。ですので、出来るだけ一戸建てを建てる前には自己資金を貯めておくようにした方がいいのです。

自己資金は多ければ多いほどいいですが、貯め続けていてはどんどん建築する時期が遅くなってしまいます。ですので、ある程度目安の金額溜まったら一戸建てを購入するようにしておくといいでしょう。自己資金の目安としては購入にかかる総費用に対して、20パーセントから30パーセント程度は貯めるようにしておきたいものです。総費用が3000万円ならば、600万円から900万円程度用意するのが理想的です。

しかしそれほどまでの金額を貯めようと思っても、賃貸の家賃を支払いながら貯めるのは大変です。ですので早く自己資金を貯める為にも、しばらく実家で同居をするのも一つの方法です。実家暮らしをすることによって家賃が必要なくなってきますので、その分を貯めていくことが出来るようになるのです。出来るだけ早く自己資金を貯めることが出来れば、早く一戸建てを手に入れることが出来るようになり、返済も定年を迎えるまでに終わらせることが出来るようになるかもしれません。