一戸建て住宅のメリットとして、駐車場を確保できる状態の土地が用意されています。一定以上の面積を持っている住宅の多くは、予め駐車スペースが確保されていることが多く、購入を行った一戸建ての状態によっても異なりますが、購入後にリフォームを行うことも可能とされています。地域性によっても違いが出てしまうことがあり、一戸建て住宅の形状などでも大きく異なるリフォームになる場合があります。例えば完全に独立した状態で駐車場を確保できる場合では、一般的に利用されているガレージを設置する方法があります。

現在では電動タイプのものもメインとして提供されており、雨や風から自動車を保護することができるために、良い内容を持ったリフォームを施工することができます。その一方でガレージの設置が難しい状態の家屋も存在しています。例えば窓が近い場所にあるような一戸建て住宅の場合では、ガレージによって太陽光が遮断されてしまうケースもあり、この対策としてはカーポートを利用する方法があります。カーポートはアクリルやポリカーボネートを利用しているタイプも用意されており、一定の透過率を持っているものがあり、室内を暗くしてしまうことを防ぐこともできます。

ただし、寒冷地などでまとまった積雪量を観測するような地域の一戸建て住宅の場合では、屋根部分の強度や梁や柱の強度なども非常に大切な部分になります。金属製の屋根を持っているカーポートを設置する方法や、ロードヒーティングへと施工する方法なども注目されています。