新築一戸建てを購入しようかマンションにしようかと悩む方は老後の暮らしやすさについても考える方がいます。年齢を重ねると、体が自由にできなくなりマンションの方がいいのではと思う方もいらっしゃいますが、実際には年齢を重ねても一戸建てがいいという方が多くいらっしゃいます。その理由の大きなものがリフォームです。マンションの場合、自由にリフォームするのが難しく、使う素材が決められていたり管理組合の許可が下りないとリフォームすることができなかったりと障害があります。

一方一戸建ての場合には自分の体の調子や家族のかたちに合わせて自由にリフォームを行うことができます。車椅子で生活できるようにバリアフリーにしたり、玄関のドアを引き戸にしたり、廊下の幅を広げたりと自由なリフォームで年齢を重ねても暮らしやすい我が家を作ることができます。また子供と二世帯で暮らしたい場合などはキッチンやドアを二つつけるなどの二世帯専用リフォームを行うこともできます。子供世帯の子育てを手助けしながら、お互いが助け合って家族みんなで暮らすことができます。

介護の問題もリフォームして二世帯にすることで解消できるケースがあります。こうした住まいの形を自由に変えることが出来るのは年齢を重ねても住み続けられる新築一戸建ての大きなメリットと言えるでしょう。また新築一戸建てを選んだら、年齢を重ねても車がすぐ前に駐車できるので便利、また人目を気にせずペットと暮らすことができるなどのメリットがあります。