マイホームを購入する時、注文住宅や一戸建てかを考えてどちらが良いかを判断して購入します。それで注文住宅ですと自分の好みに合った間取りや内装を選べますが、欠点として懲りすぎると予算がオーバーしたり、出来上がってみたらこんなのじゃなかったと後悔してしまう場合が有ります。それで住宅にあまり詳しくない人は一戸建ての方で住宅購入を考えた方がいいです。それで一戸建てですが、一戸建てにも新築一戸建てと中古の一戸建てが有ります。

中古の方は設備が使用に問題が無くても耐久性や、将来の修繕とか気を付けなければならないことが多いです。それに対して新築一戸建てはすべてが新しいから、心配するようなことは無いです。しかしそれでも気を付けなければならないことが有ります。気を付けなければならないこととして、まず細かい説明を必ず聞いておくことです。

宅地建物取引主任者から重要事項の説明を受けますから、その時に細かい問題が無いかを確認して売買契約の締結をしなければならないです。そして契約時に手付金を払うことになります。新築ですし住宅ですから、手付金または違約金はそれなりのお金になります。後で住宅ローンが借りられなかったとしてキャンセルすると手付金は返って来ないし、違約金を取られることになります。

だから新築一戸建てを買う前に、まず住宅ローンが通る状態かを確認しておくことです。住宅ローンは売買契約の前には借りることは出来ませんので、出来ることと言えば審査が通るかの確認ぐらいです。