地震に強いことが一般住宅にも求められるようになっていますが、一戸建て住宅であれば採用できる耐震工法が限られてきます。耐震工法には色々なものがありますが、鉄筋コンクリート造のような強固な構造を耐震構造と言い、耐震工法とは別の意味で耐震性能に優れています。木造や鉄骨造は鉄筋コンクリート造のような強度を出すことはできませんので、建物が揺れることで力を逃して地震に耐える仕組みとなります。耐震工法には免震工法や制震工法がありますが、注文住宅で採用する場合には制震工法が適しています。

注文住宅では在来工法による木造住宅や、ハウスメーカーに多い軽量鉄骨造がありますが、壁の中に制振装置を組み込むことで耐震性能を高めることが可能です。比較的安価にできるのが制震工法ですから、建築コストが安い木造住宅には最適な工法となります。免震工法は現在では最も進んだ耐震工法と言えますが、導入費用が高くなるために木造住宅には適さない工法となります。制震工法は新築以外にもリフォームの際に導入できることが特徴となります。

間仕切り壁の中に設置するだけですから、リフォームと合わせて行えば経済的に導入することが可能です。地震に強い建物は倒壊を防ぐことができますので、安心して暮らすことが可能です。耐震基準を満たしていれば大きな地震にも耐えられる基本性能を持っていますが、想定外の地震に対しては未知の部分もありますので、注文住宅に耐震工法を導入する際には経済的な比較も必要です。