注文住宅はこだわりのプランを実現できますが、プランだけではなく色々な部分に施主の意見を反映できるメリットがあります。設備機器や建材など使う材料も自由に選択することが可能ですが、施主支給で工事を進めることも可能です。施主支給とは設備機器や仕上げ材などの建材を施主が購入し使用する方法となります。建材販売会社に勤務しているなど、通常の市場価格よりも安く仕入れることができる場合には施主支給で進めたほうが経済的な場合があります。

注文住宅はたくさんの工程と工事に分かれて作業を進めていきますので、必要なときに必要な材料がなければ工事を進められない特徴があります。施主支給では建築工事に専門的な知識を持っている人でなければ対応が難しいため、一般には行われていないのが現実です。工事の進み具合に合わせて建材を搬入しなければいけませんし、規格や種類を間違えると工事を止めてしまう事にもなりかねませんので、照明器具やエアコン等本体工事とは直接関係のない部分で施主支給を利用することがポイントになります。注文住宅ではコストカットの方法も様々ですが、建築に関することは建築のプロに一任するのが良い方法です。

施主がでしゃばりすぎると工事現場の雰囲気が悪くなりますし、工事の進捗を妨げてしまうこともありますので、施主支給を行う場合には注意点がたくさんあると言えます。注文住宅のメリットは施主が自由にプランを組める点にありますが、ローコストを求めるには施主支給ではなくプロの提案を活用するのが効果的です。