ハウスメーカーでも注文住宅を選ぶことが可能ですが、注文住宅よりもカタログ化した住宅販売に力を入れているメーカーもあります。低価格住宅を取り扱うハウスメーカーもありますが、安くできる理由は今に始まったわけではなく以前からあった方法により実現しています。ハウスメーカーの住宅は規格の統一化が図られていることで自由度の少ない注文住宅となりますので、一般には標準モデルプランを選ぶことになります。規格の統一化により設計業務や資材の発注業務が効率化されますし、大量一括仕入れにより材料費を抑えることが可能です。

もちろんコストのかからないシンプルなプランも安くできる理由ですが、このようなハウスメーカーの仕組みは以前から行われている方式となります。ハウスメーカーでは販売量を高めるために広告費に多額の予算を投入していますが、広告費が住宅の販売価格に転嫁されるために割高になるのが基本です。広告費が無くなれば工務店の住宅のように安くできるのが当然ですが、ハウスメーカーの中にはインターネットで販売することで広告費を抑えた価格を実現できています。広告費が少なくなればその分は販売価格に影響を与えますので、結果的に安く販売できるようになっているのです。

割高なイメージのあるハウスメーカーの住宅ですが、コストカットの手法は以前から行われてきた方法と言えます。以前と異なるのは宣伝広告費の負担を減らし販売価格を下げている点にあります。