不動産の物件情報を見て、立地や間取り、価格などの条件によってどの住宅が良いのか取捨選択を行うのであれば、インターネットによる情報や物件情報誌を見るだけでも可能と言えます。しかし、現実的に一戸建て住宅の購入を検討しているときには、自分の目で確認してから購入するか決めたい人がほとんどでしょう。一戸建て住宅の購入するときに、実際の建物を確認するためにはオープンハウスや、モデルハウスなどの見学会を利用することができますし、自分から売主の業者に物件を見たいと連絡をすることによって見学することが可能です。現実に一戸建ての建売住宅を見学するときにはゆっくりと見ることは難しかったり、他の似たような物件を紹介されることも考えられます。

自分から見学を希望していない物件について、比較するためという理由で他の中古物件やマンションなどを紹介される場合もあるでしょう。複数の物件を確認することは、同じ日のうちに別の構造やコンセプトによって建設された物件を見ることができるメリットもありますが、たくさんの物件を見せられることによってどの物件のどの部分が良かったのか悪かったのか判断が難しくなることも考えられます。近年では一戸建て物件の確認に、自動車に乗って訪れる家族が増えていますが、物件を見学するときに大切になるポイントは、一戸建て住宅までの最寄り駅はどのようになっているのかであったり、電車やバスの駅までの距離を徒歩で確認することが大切です。