念願の一戸建て住宅を手に入れるためには、住宅ローンを組むことになるでしょう。何千万円という一戸建て住宅を現金一括で購入する方の方が少数派ですから、一般的には銀行等の金融機関で住宅ローンを組み長い年月を掛けて少しずつ返済していくという方法がとられます。一戸建て住宅の物件探しを始める前に、購入予算を決めなければなりません。いくらの物件までが購入可能かを判断するために、金融機関の窓口で相談する以外に住宅ローンシミュレーションを利用するという方法もあるのです。

金融機関のホームページを見ると、ローンシミュレーションを見つけることができます。住宅に限らずマイカーや教育資金等いくつかのローンがあり、それぞれ自分で試算ができるようになっています。ページを開いたら、必要な項目を一つずつ入力していきます。借入希望額を入れたら借入期間、金利、返済方式等を設定していきます。

返済期間は現在の年齢を考慮しながら決めましょう。金利については金融機関が提示している金利が確認できるので、数字をそのまま入力します。全て入力して試算すると、月々の返済額が算出されます。返済額が高いと感じたら借入期間を延ばす等して調整しましょう。

それでも返済額がきつい場合は、借入金額を減額するしかありません。あくまでも月々の返済額を優先させることが大切です。無理な金額でローンを組んでしまうと、後々返済が滞り手に入れた一戸建てを売却しなければならない可能性も出てきます。