住宅の購入を考えたときには一戸建てが良いかマンションが良いか、または新築か中古か比較検討する人が多いと言えます。新築の一戸建てを購入しようと決めたときには、大きな買い物となりますので知っておくべき様々なポイントがあります。新築一戸建ての住宅を購入するときには、土地を買ってから注文住宅を建設する方法や、自分が元々所有していた土地または親が所有している土地に住宅を建てる方法も考えられますが、多くの場合には土地と建物を合わせて取得することになるでしょう。土地と建物を合わせて取得するときには、建売の一戸建て住宅を購入するときと建築条件付きの土地を購入する2種類があります。

建売住宅とは、売主の業者が計画を立てて建設した住宅を土地と共にワンセットで販売されているものになります。建築条件付きの土地とは、指定している業者と建築工事の請負契約を締結することがあらかじめ条件として決められていて土地の売買契約を結ぶ方法になります。土地の購入は買主になりますが、建物の工事は建て主が発注して建てることになります。一戸建て住宅とマンションでは住む環境が全く異なるものとなりますが、建売住宅という購入方法のことを考えると同じようなタイプと言えます。

建築条件付きの土地を購入してから建物を建てるときには、詳細な打ち合わせが必要になったり、請負契約が後に延びる場合も考えられますので、土地を購入してから新築物件の引き渡しが完了するまで1年程度かかることもあります。