住まいを選ぶ際には、一戸建てかマンションかで悩む、というのはよくあることですが、もしそれが購入するとなると大きな選択になることがありますから、住んでから「こんなはずではなかった」と後悔しないように、しっかりと特徴を把握しておくことが大切です。例えば、一戸建てで良いところは、敷地内に自分の世帯の人間しか住んでいないというところです。遠慮することなく、気兼ねなく過ごすことができますから、のびのびと生活ができます。集合住宅の場合は、敷地内の色々な場所で他の世帯の住人と顔を合わせることがよくありますが、例えば、エレベーター1階に下りて行く際に、途中階で何度も停まり、色々な人と挨拶を交わしながら、下に着くまで時間もかかります。

自分が1階で待っていて上のフロアに帰宅する時にエレベーターがこういった動きをしていた場合も面倒です。その他、一戸建てと集合住宅では騒音の質が違います。もちろん、住んでいる周辺環境や周りに住んでいる住人にもよりますが、マンションの場合は特有の振動があります。頑丈そうに見える建物でも音は結構伝わるものです。

住む部屋の位置によっては、上の階はもちろん、両隣、さらには下の階の音が聞こえてくる場合もあります。一戸建てであれば、住んでいる建物自体は自分たちだけですから、他人の動きによる影響と言うのは考えなくて済みますから気が楽です。なお、高い管理費や修繕積立金など、さまざまな費用の負担がマンションに比べて少ないのも嬉しいところです。栃木の不動産のことならこちら